カテゴリ: 韓国

必要があってアメリカ人ジャーナリスト、ドン・オーバード-ファーの著書『二つのコリア――国際政治の中の朝鮮半島』(菱木一美訳、共同通信社、一九九八年)を読み返していたら、パク・チョンヒ(朴正煕)元大統領の日記の一節が目に留まった。あらためてパク・チョンヒの言い知れぬ寂寥感に思いを馳せた。

 

1974815日、ソウルの光復節記念式典会場でパク・チョンヒ大統領は在日二世に狙撃され、弾はパク大統領夫人のユク・ヨンス(陸英修)さんにあたり、ユク・ヨンスさんは死亡した。いうまでもないが、現在の韓国大統領、パク・クネさんの母親である。

 

妻を失ったパク・チョンヒ大統領は落ち込み、その性格までが変わったといわれる。性格の変化は政策にまで影響した。

 

事件から1年後の1975815日、夫人の一周忌にパク・チョンヒ大統領は日記にこう書いたという。

 

<一年前のこの日午前945分ごろ、お前はオレンジ色の韓服を着て降りてきた。そしてわたしたちは一緒に式典に出かけた。お前の生涯でさいごの青瓦台からの出発だった。1年前のこの日はわたしの人生でもっとも長く、もっともつらく悲しい日だった。わたしの心は悲しみと絶望でからっぽになった。わたしは世界のなにもかも失ってしまったような気がした。すべてのものが重荷になり、わたしは勇気と意志を失った。 

あれから1年が経った。この1年の間、わたしはひそかに一人で、数えきれないほど多く泣いた>

 

娘のパク・クネさんもまた、母親の死で人間的に変わったところがあったのだろうか。

 

〔フォトタイム〕

 

和田倉橋その7

噴水公園側から見た和田倉橋です。

 

 

韓国のパク・クネ(朴槿恵)大統領は就任して1年が経った。支持率は60%という。国民の多くがどんどんひらく経済格差に不満をつのらせているなかで、これは予想外の高さといえる。

 

日本や北朝鮮に対する強硬姿勢が韓国の多くの国民のナショナリズムをかきたて、それが支持率にむすびついているのだろう。

 

こうした高い支持率を維持するために、パク大統領はよほどの状況変化がないかぎり、このまま突っ走るにちがいない。

 

任期はあと4年。たっぷりある。そう思うと、なんとなくやるせない気持ちになってくる。

 

ただ、任期5年の韓国大統領に再選はない。それに後半の1年は、いわゆるレームダック状態になるのがこれまでの通例。となれば、あと3年。やっぱり、これでも長すぎる。

 

なんとか、打開の道はないものか。

 

〔フォトタイム〕

 

和田倉橋その2

右手にパレスホテルが見えます。

 

 

216日の読売新聞で同紙の吉田敏行ソウル特派員が、<韓国では高齢者の貧困が深刻になっている>と伝えている。記事によれば、韓国政府は財政規律を守るため、社会保障費の支出を抑えており、高齢者への福祉が行きわたっていないからだという。

 

そういう事情はおおむね各国とも同じはずだが、経済協力開発機構(OECD)によると、韓国は突出しているというのだ。韓国政府の社会保障支出は政府支出の13%で、OECD加盟国のなかで最下位。高齢者の貧困率は加盟国中トップの486%とか。これは平均の4倍の水準で、吉田特派員が報じるようにたしかにこれは深刻である。

 

高齢者の貧困の要因の一つとして吉田特派員は、公的年金制度の歴史が浅いことをあげている。韓国の年金制度開始は1988年。国民皆年金は1999年からで、65歳以上の公的年金支給率は35%にすぎないという。

 

しかも受給者の加入期間が短いため、5579歳の平均受給額は月に約37000円ていどとか。

 

吉田特派員によれば、その一方で、韓国財閥企業役員の平均年俸は約3800万円まで上昇したという。「金持ちと貧乏人ばかりの国になったよ」と、おでん屋の主人が嘆いていたが、格差が拡大すると中国同様、社会不安が懸念される。

 

〔フォトタイム〕

 

阪急メンズ東京その7

こういうところで小物類など買ってみたいものですね。

 

 

 

昔、KCIAと聞いただけで身構えた時期があった。韓国中央情報部、その略称がKCIAだった。その後、安全企画部、略称安企部となり、現在は国家情報院という。

 

その国家情報院の前院長、ウォン・セフン(元世勲、62歳)が122日、ソウル中央地裁で実刑判決を言い渡された。懲役2年、追徴金約1590万円。その罪は、あっせん収賄だという。

 

韓国の国家情報院には、日本の内閣調査室など足元にも及ばない国内外の情報が入ってくる。情報は権力の源であり、したがって国家情報院のトップともなれば、強大な力をもつことになる。

 

それほどの地位にいる人物が建設業者から工事の許認可をめぐって関係機関への口利きを頼まれ、その謝礼として多額のワイロを受け取ったという。

 

こういうみみっちいことに、国家情報院のトップが手を出していたとはなさけない。ポストの重みからすれば、気恥ずかしくなるような事件だ。

 

ただ、この人物はとんでもないことをやった疑いもある。2012年の韓国大統領選挙で職権を利用して野党候補に不利になるような工作をしたというのだ。

 

国家情報院の職員らに命じて、大統領選挙に出馬した野党候補をおとしめるため、ネットに野党候補を中傷する書き込みをさせたという疑い。

 

こちらのほうも公職選挙法違反などで起訴され、いずれ判決が出ることになっている。情報機関のトップにおかしな人物を選ぶとたいへんなことになるという教訓をこめて紹介した。

 

〔フォトタイム〕

 

和田倉噴水公園その4

すぐ近くに丸の内のビジネス街が広がっています。

 

 

 

 

 

 

アメリカを中心に展開する中国系や韓国系の反日団体のキャンペーンには、目に余るものがある。

 

根拠のうすい反日デモンストレーションにいちいち反撃、反論するのもばかばかしいが、それらが独り歩きして日本のイメージを損なっている現状を放置しておいていいはずはない。

 

昨年7月、ロサンゼルス近郊のグレンデールの公園に韓国系団体が従軍慰安婦の被害をアピールする少女像を設置した。

 

これに対してテキサスに住む64歳のアメリカ人男性が、「異議あり」と手をあげた。

 

そして、少女像の撤去を求めたのである。

 

テキサスの男性は、有言実行の人であった。

 

「少女像はあまりにも日本人への憎悪を煽っている」と、昨年1211日、ホワイトハウスのホームページで像撤去の署名集めをはじめた。

 

署名開始から30日以内で10万人を突破すれば、ホワイトハウスは請願を受けるかどうか検討することになる。

 

13日、ついに署名は10万人を突破した。

 

これが悪質キャンペーンに対する反撃への貴重な第一歩となるのを期待したい。

 

〔フォトタイム〕

 

JR東京駅八重洲口「グランルーフ」その7

丸の内側とはちがった雰囲気の八重洲口は、東京駅のもうひとつの顔といえるでしょう。

 

 

 

↑このページのトップヘ