カテゴリ: 大島月刊編集長のひとことメモ

毎月、月刊『清流』(清流出版)をたのしみにしている。「主婦たちへ贈るこころマガジン」というのが、この美しい雑誌のコンセプトだが、男性が読んでも面白い。1月号を手にして、表紙を眺めると、「今日からあなたも“箸美人”」というタイトルが目に飛び込んできた。

 

“箸美人”とは、なんのことだろう? このトシになっても、まだ箸の持ち方すらわかっていないオトコは、考え込む。考え込まなくとも、雑誌をひらけば、すぐに納得するはずなのに、パスカルに「人間は考える葦」と教わったオトコは、しばらく沈思黙考し、結局、なにも考えが思いつかないのを見定めてからページをひもとくのだ。やっぱり、特集「今日からあなたも“箸美人”」の前文に、知りたいことが出ていた。

 

<食べものをつかむとき、それを口に運ぶとき…‥。すべての箸使いにむだがなく、流れるような所作の人に見とれてしまうことがあります。美しい箸使いの人を“箸美人”といいます>

 

なるほど、そういうことですか。たしかに、美しい箸使いの人は存在し、その所作は茶道のお点前のように流麗である。まるで箸使いのアーティストのような人は、やはり女性のほうに多い。

 

いや、男性にも、1万人にひとりくらい、素晴らしい箸の達人がいるように思える。禅では、食事の作法は重要な修養のひとつだが、禅僧の所作にそれを感じたことがある。禅寺で精進料理を食するとき、そこには、それなりのルールがある。それを知らない人が食の場に混じっていると、人間の品性までが露呈しているようで見苦しい。これほどまでに箸の道は奥深いのだが、わたしをふくめ凡人はいまなおそれを知らない。この特集では、岩下宣子さんが、「箸使いのタブー23」を教えてくれているので、一部を紹介し、自戒ともしたい。

 

つ き 箸――箸で食べものを突き刺すこと。

迷 い 箸――どれを食べようか、箸を持ちながら迷うこと。

なみだ箸――滴の垂れるものを受け皿なく箸で運び、ボタボタとテーブルを汚すこと。

さぐ り箸――茶碗蒸しなどで、おいしいものがないかなどと箸で探すこと。

ねぶり箸――箸を舌で舐めること。

さか さ箸――箸を逆さにして使うこと。手に持つ部分を使うことになるので不潔。

上 げ 箸――箸を口より高く持ち上げること。

そ ら 箸――食べようと思って、いったん箸を出したのに止めること。

 

〔フォトタイム〕

 

コレド日本橋その5

東急百貨店日本橋店の前は、白木屋でした。コレド広場の一角に「名水 白木屋の井戸」の碑がありました。江戸の歴史が生きる街、日本橋は夏目漱石の小説の舞台にもなっていて、それを記念する碑もありました。



 

3連休。のんびりと、気の向くままに、「正論」編集長を去るときの送別会で、苦楽をともにした仲間からもらったDVD映画などをみて、過ごそうと思っています。プレゼントされたDVD映画は「大いなる幻影」「街の灯」「市民ケーン」「カサブランカ」「イヴの総て」「ローマの休日」「或る夜の出来事」「第三の男」「ゲームの規則」「風と共に去りぬ」etc.

 

このなかで最初にみたい映画は、イングリッド・バーグマンの「カサブランカ」。映画館で、テレビで、レンタルビデオで、5,6回はみているはず。みるたびに、あたらしい発見がある。あ、こんなセリフがあったのだ、このシーンにはこんな小道具があったのだ、とあきない。本もそうですが、1回じゃダメですね。2回、3回と読んで、やっと味わいを感じる。もっとも、それに耐える本というのは、古典であり、名作ですね。映画も同じ。DVDになるのは、選び抜かれた作品ですから、当たり外れがない。

 

カサブランカ。フランスの植民地だったモロッコの首都。当時、カサブランカはまだドイツの占領下にはありませんが、すでにパリは陥落。ヨーロッパの人々がドイツ・ナチスから逃れてアメリカへ亡命するためには、リスボンから旅立つのだが、それは旅券を確保した限られた人だけ。大半はカサブランカで、はかない望みを抱いて、その機会を待っていた。映画は、この街でナイトクラブを経営するアメリカ人、リックを中心に展開します。演じるのは、ハンフリー・ボガード。カジノもあるこのクラブは、アメリカへわたる機会を必死になって探し求める亡命者たちの溜まり場でもありました。さまざまな人間模様が描かれていますが、ヒーローはやはりこの人物。亡命資金をえようとルーレットに賭ける男の美人の妻は、負けたら自分の体を担保にすることをリックにほのめかす。リックは、そういう女性を助けてやる、中世の騎士のような男。仏独の国歌合戦もありました。

 

ドイツの情報部員が殺され、旅券が奪われるという事件が発生。犯人は盗んだ旅券をリークに預け、リックはそれをピアノのなかへ隠した。その犯人を追ってドイツ人将校がカサブランカにやってきました。この旅券をあてにしていたのが、反ナチ運動のリーダー、ラスロ。バーグマンは、妻のイルザを演じますね。イルザは、夫と一緒に入ったナイトクラブの経営者がリックと知って驚きました。まだドイツ軍がやってこないころのパリ。リックとイルザは恋人同士でした。その夜、眠れぬままに、リックはつぶやきます。「世界には、ゴマンと酒場があるのに、彼女はここへ来た」と。

 

パリ陥落直前、ふたりは一緒に脱出しようと、約束していました。しかし、イルザは約束の時間に来なかった。カサブランカで再会したふたりは、こんどこそ、一緒に旅発(た)とうと誓います。しかし…もう、あらすじを披露するのはやめましょう。だれもが知っている話。まだ、みていない人には、迷惑な話ですから。それにしても、ハンフリー・ボガードは、容姿も、セリフも、行動も、カッコ良すぎます。バーグマンのほうは、生身の女性をみごとに演じていました。蛇足ながら、カサブランカの花もいいですね。

 

<きょう・あす・あさって>

 

平成3年(1991年)11月5日 宮沢喜一内閣成立。

 

〔フォトタイム〕

 

新宿御苑その6

中の池の周辺は色づき、水面はスイレンで覆われていました。

 

  『正論』12月号は、あす発売されます。盛りだくさんの内容ですが、そのなかから巻頭のエッセー特集の話をひとつ。今回のテーマは「食欲の秋」。たべものの話は、いつ読んでもたのしいですね。7人の執筆者の味のある随筆のなかから、トップで登場する元NHKアナウンサーの下重暁子さんの文章をすこし紹介しましょう。

 

ご存じのように下重さんは本業の作家のほかに、日本自転車振興会会長という肩書きをもっています。「やせの大食い」と自称する下重さん、会長職もあってのことでしょうが、毎晩のようにだれかと食事しているそうです。そのつど、デザートに至るまで、きっちりと食べ、「全く残した記憶がない」というから、なかなかの健啖家ですね。下重さんは本誌への寄稿で、じつは自転車に乗れない、と白状しています(こどものころ、ドブに落ちて以来のトラウマとか)。

 

日本自転車振興会の会長さんが、自転車に乗れない! なんだか、おかしくなる話ですけれど、下重さん、乗れなくても、全然、構わないですよね。同じような例はいくらでもあります。たとえば、直接、ご本人から聞いたのでまちがいありませんけれど、ハワイのパールハーバーに本拠地をおくアメリカ海軍太平洋艦隊の前司令官、ウォルター・ドーラン大将は、泳げなかったのです。一般大学出身のドーラン大将は、海軍に入るまで海をみたことがなかったそうです。それでも190隻以上の艦艇と潜水艦、1400機の航空機、191000の海軍軍人と海兵隊員、および3万人の民間人を擁する世界最大の連合艦隊のトップになれたのです。

 

ちなみに、現在のアメリカ海軍太平洋艦隊司令官、ゲリー・ラフェッド大将はアナポリス(米海軍兵学校)の出身です。当然、水泳は得意で、「ハワイのオーシャン水泳クラブに所属して、太平洋を泳いでいます」と、司令官自身から伺いました。下重さん、ラフェッド大将がいま、もっとも熱中している趣味は、自転車だそうです。

 

〔フォトタイム〕

 

新宿御苑その3

明治天皇ご臨席のもとに「新宿御苑」と改名されたのは、明治39(1906)のこと。平成18年4月から19年3月まで「新宿御苑100周年」と位置づけ、さまざまな行事やイベントが開催されています。写真は、フランス式整形庭園の一部ともいえるプラタナスの並木です。

 

 

 人間というのは、根っから派閥をつくるのが好きな動物だ。3人寄れば、派閥ができてしまう。政界といえば、派閥。派閥といえば、政界というほど、2つは密接だったが、ご存じのように、いまは昔ほどの緊密さはない。いずれ、派閥は消えてなくなる、という見方もあるが、浜の真砂はつきるとも、永田町から派閥が消滅することはあるまい。メダカ、いや失礼、政界人は、とかく群(む)れたがるのである。

だからといって、群れることがわるいとは思わない。たしかに派閥には、それなりの効用もある。たとえば新人議員は、派閥に属することで情報を得ているし、政治教育もうけている。気のあった者が集って、やすらぎもえられるのだ。

 

小泉純一郎前首相は、派閥をぶっ壊したような印象をもたれているが、ご本人はもともと派閥をとても大切にした人だ。派閥の事務総長も経験しているのが、なによりの証拠である。かといって、自分で派閥をつくろうとは、思わない。「子分をつくるのは、好きじゃない」と、以前、小泉さんから聞いたことがある。けっこう、めんどうみはいいほうだと思うが、めんどうくさいというのが、本音に近いのではないか。

 

現在、自民党では造反組の復党問題が、ひとつの争点になっている。安倍政権になって、復党が早まるのではないかと、小泉チルドレンたちは気が気でない。けさの産経新聞によれば、中川秀直幹事長は、「政権公約2005でも、安倍晋三首相の所信表明でも郵政民営化を必ず実現すると言っている。復党を希望される方には、その踏み絵を踏んでもらう」と語ったという。踏み絵なんて、時代がかって、暗いイメージをもったことばが飛び出したのには、驚いたが、たしかに筋論からいえば、そうだろう。


この復党問題も、煎じ詰めれば、選挙事情の問題であり、派閥の問題。自分の政治生命にかかわることだから、それぞれに真剣である。小泉さんが、積極的に発言しないのは、チルドレンたちには不満だろうが、安倍執行部への配慮であり、さすがご立派である。

 

〔フォトタイム〕

 

新宿御苑その2

江戸時代、ここに信州高遠(たかとお)藩主、内藤家の屋敷がありました。大木戸門を入って左に内藤家の庭園があります。この池は玉藻池といいます。玉藻池のほうから、大木戸休憩所を撮ったのが下段の写真です。人よりも大きい雪見灯篭にご注目ください。

 

 

新潟県北端の山村にある生家の、50㍍近くの竹薮に熊がいたという。山のふもとでもないのだが、食べものを求めて熊たちは、いま、なりふり構わない行動に出ているようだ。熊の出る村に生まれた者にとって、上流社会のことなどずっと関心外であった。だんだん歳月を重ねて、あたりを見渡す余裕ができてきて、意外なことに気づいた。都会人より、地方の人たちのほうが、文化とか風流をたのしんでいるのだ。地方文化人は、さすがに都会の上流人には適(かな)わないが、都会の中流人よりは、はるかに知的で香り高い生活を営んでいるように思える。

 

東京では、世界の一流美術館から借りてきたアートの展覧会が、連日のようにひらかれている。東京人は、あまりにも展覧会が多いので芸術不感症になっていて、おそらく鑑賞率では、地方の人たちのほうが高いのではないかと思う。ただ、音楽会は都会人優位にちがいない。夜の行事となると、どうしても地方の人たちは不利だ。

 

地方の人たちは、勉強熱心だ。さまざまな勉強会をつくって、東京から講師を呼んだりして自己研鑽につとめている。茶道、華道、仕舞いなども盛んである。田舎出身者にとって、地方のこういう現象はとてもうれしいことだが、自分はどうかとふりかえれば、どうも実り豊かとは参らない。上流人のマネゴトをする必要はないが、せめて地方文化人の足元くらいには近づきたい。

 

きょうは、わたしにとって、憧れの風流人、文化人に歩み寄る日である。いま午前10時。5時間後には、能を鑑賞する。そのあと、能役者らとホテルの会席料理をたのしむ。もっとも、個人的な付き合いの食事ではなく、文化イベント券を購入しての参加。したがって、当方はその他大勢のひとりにすぎない。都会の上流人とは、比べようもない。

 

〔フォトタイム〕

 

新宿御苑その1

新宿御苑には、3つの門があります。新宿門、大木戸門、千駄ヶ谷門です。新宿門ならJR新宿駅南口下車、徒歩10分。東京メトロ丸の内線の新宿御苑前駅下車、徒歩5分。都営地下鉄新宿線の新宿3丁目駅下車、徒歩5分。大木戸門なら丸の内線の新宿御苑前駅下車、徒歩5分。千駄ヶ谷門ならJR千駄ヶ谷駅下車、徒歩5分です。新宿御苑は、環境省が所轄する国民公園ですね。写真は、大木戸門。入って、すぐのところに大木戸休憩所があります。

 

↑このページのトップヘ