ロシアのプーチン大統領はクリミア半島を併合する際、場合によっては核兵器を使うために準備を進めることを検討していたと、テレビのインタビューで明らかにした。

 恫喝だと思う。

 プーチンに限らず、世界の指導者クラスになれば、自分が後世の史家にどう評価されるかを気にしている。

 世界で最初に核兵器を使用したのはトルーマンだが、トルーマンについで二番目に核兵器を使う指導者はトルーマンとは比較にならない批判を浴びるはずだ。そのことをプーチンは知らないわけがない。

 決して使うはずはないと思う。しかし、使うかもしれないと思わせるところに、核兵器の威力を感じる。北朝鮮が核開発に血なまこになるはずだ。